高気圧酸素カプセル「オアシスO2」導入
    のむら接骨院
のむら接骨院のごあんない
 



photo:近隣にある内灘大橋

当院では、トリガーポイント治療、オステオパシー医学による様々な技法で個々の患者様に合った治療を行います。

骨格や関節、筋膜、靭帯などが外傷や反復動作などで歪むとその機能が失われます。そうなると、腫れ、疼痛、運動制限、関節に水が溜まる等、様々な症状が現れます。その歪みと機能障害が存在する間は不調に悩まされるわけです。
当院では、その患者さんに存在する不調の原因となる骨格や関節、筋膜、靭帯の歪曲を診つけだしそれらを様々なオステオパシー技法で取り除くことでベストな身体へと導きます。
あなたの不調を全力で治します!

高気圧酸素カプセル「オアシスO2」設置
多くのトップアスリート達に採用され、ケガの早期回復やコンディショニング維持に広く利用されている「オアシスO2」を導入しています。詳しくはこちら

オステオパシーとは?
オステオパシーは1874年にアメリカのアンドリュー・テーラー・スティル博士により発表された徒手医学で、オステオ(Osteo)「骨」とパシー(pathy)「病気、治療」を合わせた造語です。
筋肉や関節に多数存在する固有受容器に対して手技療法によって矯正し、正常に戻すことで、体内に本来備わっている防衛力を回復させ、自然治癒力を存分に働かせることができるようになります。オステオパシーは身体の歪みを正し身体の持つリズムと可動性を正常化します。

トリガ−ポイントとは?

トリガーポイントとは筋肉、筋膜などにできる硬結で「トリガー」というのは文字通り「引き金」という意味でトリガーポイントを押すと痛みがそこから離れた部位で感じられる事から名付けられています。この痛みを関連痛といいます。この関連痛の理論があまり知らてない為に痛む患部のみの治療となり症状が改善せず苦しまれている方が多い背景となっています。

 

のむら接骨院 院長 野村 広盛(のむら ひろみつ)

当院では「患者さまの笑顔と元気と幸せに貢献する」を理念とし、共に喜びを分かち合える治療をさせていただいています。患者さまの症状が改善され「楽になりました」「ありがとうございました」と喜びの言葉をいただくと、この仕事をしていて本当に良かったと思います。一人でも多くの患者さまの喜びのお手伝いが出来る様スタッフ一同、日々頑張っていきます!

院長 プロフィール

 
  • 昭和41年1月21日生まれ
  • 昭和61年 柔道整復師免許取得
  • 平成19〜25年 全日本オステオパシー協会北陸支部長
  • 平成27年〜トリガーポイント研究所副所長
  • 英国クラシカルオステオパシー学院にて受講
  • 米国カークスビルオステオパシー大学にて受講
  • AAO学会(The American Academy of Osteopathy)出席
  • その他、多数の国際セミナー、国内セミナーに出席
 

 

受付時間

平 日 AM 8:30 〜 PM12:00 / PM 2:30 〜 PM 7:00
土曜日 AM 8:00 〜 PM12:00
休診日 土曜日午後・日曜日・祝日

 

所在地


地図をクリックすると
周辺地図をご覧になれます。
車でご来院の場合は
第2・第3駐車場もご利用ください

 
- 金沢方面から - - 金沢医科大方面から -
電車 浅野川線 終点 内灘駅 下車 バス 内灘駅行 乗車
バスに乗換 金沢医科大行 乗車 大根布6丁目 下車
大根布6丁目 下車 進行方向と逆に徒歩1分
 
進行方向に徒歩1分  

〒920-0266 石川県河北郡内灘町大根布6-69-12 TEL/FAX. 076-286-5725

トップページ
のむら接骨院のごあんない
施術メニューと料金表
高気圧酸素カプセル オアシスO2
症例
リンク
お問い合わせ